FaceBook
Twitter
資料請求
城南AO推薦塾「3+1」ブログ
慶應義塾大学法学部法律学科の授業紹介
2019/02/02更新

 みなさんこんにちは。2019年になって早1か月が過ぎましたね。1月は「行く」、2月は「逃げる」、3月は「去る」というほど、あっという間に月日は過ぎていきます。

 AO・推薦入試を検討している現在、高校2年生のみなさん!AO・推薦入試における夏休みは、一般入試の受験者の冬休みだとおもってください。実際、私もその感覚で高校3年生を過ごしました。

 つまり何が言いたいのかというと、AO・推薦入試本番まではあっという間だということです!

 そのことを念頭に置いておきましょう!

 さて本日は、そんな皆さんのモチベーションアップのために、「慶應義塾大学法学部法律学科」の授業内容をお伝えしていきます!

 まず、慶應義塾大学法学部には、「法律学科」と「政治学科」の2つの学科があります。

 「法律学科」は、その名の通り法律についての勉強をします。法律学科に在籍している学生が卒業までに必ず履修をしなくてはいけない必修科目には、「憲法」「刑法」「民法」があります。内容が難しく、単位が取れず、卒業できないのではないかと心配になるかもしれませんが、その心配は無用です。授業に出席をし、教授の講義を真面目に聞いていれば問題ありません!

 あと、良く質問が来る「法学部は六法を覚えなくちゃいけない」という疑問についてですが、その心配も無用です。試験においては六法の持ち込みが許可されていることもあります。六法を覚えたくないから、法学部をやめるのは勿体ないです!

 その名の通り、法律の授業が中心の法律学科ですが、「一般教養」として、心理学や社会学、政治学等幅広く履修できます。法律だけに埋もれるわけではないのでそこはご安心くださいね。

 本日は、慶應義塾大学法学部法律学科の授業内容について紹介をしました!皆さんもこの記事をよみ、自分が慶應義塾大学法学部法律学科に入学した状況をイメージしてモチベーションアップにつなげてください!