FaceBook
Twitter
資料請求
城南AO推薦塾「3+1」ブログ
AO・推薦入試対策の要!【情報収集】の心構えとは?
2017/09/01更新

みなさん こんにちは。城南AO推薦塾 塾長の川原です。

夏休みも終わり、新学期が始まりました。
AO・推薦入試においても、早稲田大学政治経済学部グローバル入試、慶應義塾大学SFC-AO入試Ⅰ期の出願を皮切りに、難関大学の出願が開始されました。今年度から、Webによる出願もしくはエントリーを採用する大学が増えているので注意しましょう。

城南AO推薦塾ブログ「3+1(スリープラスワン)」の記念すべき第1回にみなさんにお伝えすることは、志望理由書、課題レポートを作成する上で、最も重要な「情報収集」の心構えに関してお話しします。

情報収集する際、最初に、インターネットを利用するひとが多いと思います。
そこで、注意すべき点は、必要な情報を「ピンポイントで見つけ出そうとしない」ことです。周辺情報まで含めて大量に収集した上で、必要な情報を探しだすのです。

つまり10個の情報を収集して、実際に、志望理由書の作成に活用するのは、3個で十分」です

一見遠回りに感じますが、実際に活用しなかった7個の周辺情報が、入試における小論文や面接のときに役立ちます。逆に、ピンポイントで情報を探そうとすると、余計に時間がかかってしまします。時間のない高校生にとって、AO・推薦入試対策にかける時間は限られています。効率よく対策することも重要です。
だからこそ、城南AO推薦塾では、小論文の授業において、他塾のように過去問の解説は絶対にしません(過去問に関しては、入試直前期に個別で行います)。

みなさんが第一志望大学に合格していただけるように、様々な情報を配信していきます。
お得な情報も満載ですので、勉強の合間に読んでいただければ幸いです。高3生は、残り数ヶ月で進路が決まります。後悔のないように頑張りましょう。

 

執念あるのみ!!

城南AO推薦塾 塾長
川原 洋孝