FaceBook
Twitter
資料請求
合格者の声
AO・推薦入試合格ストーリー
城南のAO・推薦入試対策を受講して、志望大学に合格された方のインタビューをご紹介します。
2014年
明治大学
農学部 農芸化学科
藤枝 咲紀 さん
(東京高等学校卒業)
長所は忍耐力や粘り強さがあるところです。これは小学校3年生から始めたバレーボールの部活動で培われたところが大きいと思います。

短所は悩み事があるときに一人で考えすぎてしまって、周りが見えなくなってしまうことです。最近では推薦試験で受けるかどうかをすごく悩みました。
こだわっていることは
何かやりたいことがあった時に、とりあえずやってみるということを普段から心がけています。自分で始めたことだったら、途中でやめたいとは思わないほうです。
AO・推薦入試を知ったきっかけ
友人の兄弟がAO・推薦入試で合格したことを知り、推薦制度について興味を持ったことがきっかけです。
AO・推薦入試を受けようと思った理由
母もその友人の兄弟の話を聞いて、AO入試や推薦入試について一緒に調べてくれて、勧められたことも大きかったです。中学校の頃から文章を書くことは得意だったので、それを活かす方法で受験することを決心しました。
大学・学部を選んだ理由
家で料理をするのが好きで食品に興味があり、高校でも生物を選択していたので、それを活かせる方向に進みたいなと思っていました。明治大学農学部では3年生から研究に参加できるのも魅力的だなと感じました。
AO・推薦入試対策でためになった授業・苦労した点
最初の授業で志望理由の根本的な書き方や自己PR書の書き方を学ぶのですが、自分が思っていたのとは全然違っていたことに気付けたのが、一番良かったなぁと思いました。
AO・推薦入試を受けた人しかわからない試験のポイント
面接の練習はたくさんやったのですが、想定していたことは全然聞かれませんでした。試験当日に「身の回りの有機化合物」という講義を受け、その講義についての質問ばかりでした。だから、練習の段階で完璧だと思いすぎないほうがいいと思います。
将来の目標・夢
食品の研究開発に携わりたいです。家の手伝いで料理をしているうちに、食品がどうやって作られてるのかと疑問を持ったのがきっかけです。勉強の一環ではないですけど、最近は市販のルーを使わず、小麦粉からシチューを作れるようになりました。
思い出のもの
バレーボール部で使っていたシューズとボールです。長い間使ってきたので、摩擦熱でつま先が減ってしまいました。これが私の相棒です。
後輩へのアドバイス
練習してきたことが全部発揮できるわけでもないので、本番では何が起こるかわからないという心構えを持って、想定外のことが起こっても慌てずに試験に臨んでほしいと思います。