FaceBook
Twitter
資料請求
城南AO推薦塾「3+1」ブログ
面接で志望理由を聞かれたら?
2019/10/08更新

みなさん、こんにちは。横浜校の寺川です。

これから面接試験などを受ける人も増えてくる時期だと思います。
今日は面接でほぼ必ず聞かれると言ってもいい、

「志望理由は何ですか?」について

回答の仕方も含めてお伝えします。

そもそも面接官はなぜ志望理由を聞くと思いますか?

大学側には既に志望理由を記載した書類は送付してあります。
ではなぜ既に記載されていることを質問するのでしょうか?

一般的には確認のためと言われています。
志望理由書は当然みなさん自身で書くものです。
しかし、大学側は皆さんが自宅等で志望理由書を書いている様子を知らないため、

「本当に生徒自身が書いたのか?」を確認します。

では皆さんが採点官から質問されたらどのように回答しますか?

志望理由書と一語一句同じように回答する、これは正解ではありません。

確かに志望理由書と内容(方針)を同じベクトルにしておく、これは必須です。
大学側は志望理由書に書いてある内容を聞きたいのではありません。

大学側は志望理由書に書いてある内容を生徒の言葉で聞きたい
そして本当に本人が書いたのかを判断します。

志望理由書に書いている志望理由は、恐らく字数の関係で
自分が伝えたい内容全てではないでしょう。
しかし、面接では回答できます。1分程度であれば回答時間としては問題ありません。
活動実績を含めて志望理由書全体のミニチュア版を回答すると考えてください。

例えば、
志望理由=将来のビジョンのきっかけ、
そこに至るまでの経験、
関連する活動実績、
大学で学びたいこと、
これらの内容であれば十分、1分で収まります。

面接は練習が一番重要です。
練習でも常に本番の緊張感をもって、模擬面接をしましょう。

城南AO推薦塾ではコンテスト等の対策、大学出願書類の添削から
面接指導まで、受験生の志望校合格へサポートしています。
ご興味・ご関心がある方はお気軽にご連絡ください。
専任講師が生徒一人ひとりに合わせた合格へのプランをご提案します。

■城南AO推薦塾への
資料請求はこちらから
個別カウンセリング・イベントのお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから